[動画]BMW 5シリーズ、中国富裕層専用のロング仕様

自動車 ニューモデル 新型車
5シリーズセダン ロングホイールベース仕様の中国市場専用モデル
5シリーズセダン ロングホイールベース仕様の中国市場専用モデル 全 6 枚 拡大写真
BMWは3月31日、『5シリーズセダン』にロングホイールベース仕様を追加した。この中国市場専用モデルのPR映像が、動画共有サイトで公開されている。

中国では、役人や富裕層の間で、ロングホイールベースのセダンが人気。アウディは『A6』と『A4』、ボルボは『S80』に、中国専用のロングホイールベース車を投入し、人気を得ている。最上級サルーンの『7シリーズ』には、ロング版を用意するBMWだが、その下に位置する5シリーズにも、中国専用のロングボディを投入することになった。

ボディサイズは、全長5039×全幅1860×全高1471mm、ホイールベース3108mm。ホイールベースは、通常の5シリーズに対して140mm延長された。それにより、圧倒的な後席空間を実現している。

さらにBMWは、「ハイコンフォートリアシート」を専用開発。オプションで、4ゾーンオートエアコン、後席用エンターテインメント、冷蔵庫、電動ブラインド、格納式テーブルと、至れり尽くせりの装備も用意した。

エンジンは、ガソリン直列6気筒のみ。「523Li」は2.5リットル(204ps)、「528Li」は3.0リットル(258ps)、「535Li」は同ターボ(306ps)。トランスミッションは、8速ATを組み合わせる。

トップグレードの535Liには、ダイナミックドライブコントロールを採用。また全車がBMWの哲学、「エフィシエントダイナミクス(より少ないエネルギーで、より高い環境性能を)」を導入。ブレーキエネルギー回生システムやオンデマンド制御のコンプレッサーなどにより、燃費とCO2排出量は、先代比で最大18%改善された。

5シリーズのロングホイールベース車は、BMWの中国合弁、瀋陽工場で生産。25日に開幕する北京モーターショーで、正式発表される。標準ボディと変わらない軽快な走りや、中国の富裕層をもてなす専用装備を紹介した映像は、動画共有サイトで見ることができる。


《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMW M5 改良新型
  • BMW 5シリーズ改良新型
  • BMW 5シリーズ・セダン 改良新型のPHV「545e xDrive」
  • BMW 530e
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV