シトロエン エアクロス…C3ピカソ がSUVに変身

自動車 ニューモデル 新型車
エアクロス
エアクロス 全 2 枚 拡大写真
シトロエンは5日、ブラジル市場へ投入する『エアクロス』の写真を公表した。『C3ピカソ』をベースに、クロスオーバーテイストを付加したブラジル専用車だ。

C3ピカソは2008年10月、パリモーターショーでデビュー。『C3』をベースに開発された小型MPVだ。ボディサイズは、全長4080×全幅1730×全高1620mm。取り回し性に優れるコンパクトサイズでありながら、できるだけボディを四角形に近づけることで、クラス最大級の広い室内空間を実現した。大きなガラスエリアも特徴で、フロントウィンドウは巨大なガラス面積と視界確保を両立するために、3分割されている。

2列シート、5人乗りの室内は広々。荷室容量は、5人乗りの状態で500リットル(VDA計測法)を確保しており、リアシートを倒せば、1506リットルへ拡大する。また助手席を倒せば、室内長2410mmの圧倒的スペースが出現。荷室フロアの高さは、2段階で調整できる。

エンジンはガソリン2機種、ディーゼル2機種の合計4ユニット。ガソリンはBMWと共同開発した1.6リットル直列4気筒で、最大出力は95psと120ps。ディーゼルも1.6リットル直列4気筒で、最大出力は90psと110ps。CO2排出量はそれぞれ125g/km、130g/kmとなっている。

C3ピカソは、欧州では2009年から販売されているが、今回、その派生車種として、エアクロスが登場。C3ピカソが、ブラジル市場向けのクロスオーバーに変身した。

外観は、背面スペアタイヤキャリア、大径タイヤ、ルーフレール、アンダーガード、サイドシルガード、ホイールアーチエクステンションなどが特徴。グリルやバンパーも専用デザインとなり、力強いイメージが強調されている。

エンジンは、1.6リットルと2.0リットルの直列4気筒。ブラジル向けらしく、ガソリンとエタノール混合燃料に対応するフレックスフューエル仕様となる。

エアクロスは、年内にブラジル市場へ投入される見込み。ブラジル人に受けそうなクロスオーバーといえそうだ。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • シトロエンC3インスパイアード・バイ・ジャパン・コレクション Hisui(翡翠)
  • カラメルカラーのテップレザーと上質なヘリンボーンツイード調ファブリック
  • シトロエン C3(2018年)
  • シトロエン C3 新型
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV