【スバル ルクラ 登場】ダイハツから軽乗用車OEM

自動車 ニューモデル 新型車
ルクラL
ルクラL 全 8 枚 拡大写真
富士重工業は、新型軽乗用車としてスバル『ルクラ/ルクラカスタム』を4月25日から発売する。ルクラは、ダイハツ工業からOEM供給を受けるモデル。

今回発売するルクラは、ダイハツ『タントエグゼ/タントエグゼ・カスタム』ベースのOEMモデル。富士重はトヨタ自動車、ダイハツと提携して軽自動車の生産から撤退、軽自動車はダイハツからのOEMに切り替える予定だ。

ルクラは「快適・広々空間のスタイリッシュ・スモール」をコンセプトに、日常生活の様々なシーンで活躍できる軽乗用車として開発した。広い開放的な室内空間と、デザインが特長。

車名のルクラは、「Large」「Utility」「Comfort」「Relax」「Active」の頭文字を組み合わせた造語。

販売計画は月間2000台。

価格はFが121万8250円。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2010/04/20/139405.html/article/2010/04/20/139404.html/article/2010/04/20/139406.html