プジョー 407 など---シフトレバーが動かない、再始動できない

自動車 ビジネス 国内マーケット
プジョー・シトロエン・ジャポンは31日、プジョー『407』など計4車種の制動灯スイッチに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2004年10月13日 - 10年1月17日に輸入された6786台。

制動灯スイッチ内部の接点の電気負荷に対する容量が不足しているため、ブレーキの繰り返し操作により接点が摩耗し、制動灯が点灯しなくなってシフトレバーがパーキング位置から動かなくなったり、再始動できないおそれがある。

全車両、制動灯スイッチを対策品と交換し、制動灯スイッチの配線に電流制御用抵抗入り配線を追加する。

不具合発生件数は2件で、市場からの情報で発見した。事故は起きていない。

なお、2009年2月10日にリコール届出を行った案件だが、対象範囲の選定に誤りがあったため、対象車両を追加するもの。

《レスポンス編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. BMW 3シリーズ 改良新型の内装をスクープ! 外観は高性能モデル「M340i」か?
  2. Z900RSの弟分、カワサキ『Z650RS』発売決定! 並列2気筒の新型レトロスポーツ
  3. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  4. VW『タイグン』、新型コンパクトSUVをインドで発売
  5. ロールスロイス、新型EV発表へ…9月29日
  6. レンタル専用キャンピングカー、いすゞ新型シャーシ採用…アソモビ2021でNTBが公開へ
  7. シボレー コルベットZ06 新型、最初の写真 実車は10月26日発表
  8. 実はアルコール消毒液が犯人…山陽新幹線で飲酒疑いによる運休
  9. VW ゴルフRワゴン 新型、320馬力ターボ搭載…受注を欧州で開始
  10. 【ボルボ XC90 T8リチャージ 新型試乗】電動化でもブレないクルマ作りのコンセプト…中村孝仁
ランキングをもっと見る