三菱、リフォームした福祉車輛を販売

自動車 ビジネス 企業動向
三菱、リフォームした福祉車輛を販売
三菱、リフォームした福祉車輛を販売 全 4 枚 拡大写真
三菱自動車は、同社の福祉車両「ハーティーラン」に、6月5日より「中古車/愛車リフォームハーティーラン」をラインナップに追加すると発表した。中古車やユーザーが乗るクルマを架装することで、福祉車輛で求めやすい価格を実現する。

中古車リフォームハーティーラン、愛車リフォームハーティーランの対象となるのは『eKワゴン』と『トッポ』で、助手席が電動で回転、およびスライドダウンする助手席ムービングシートと、助手席が手動で回転する助手席回転シートの2タイプを設定した。対象車種に乗っている場合、乗降補助仕様にリフォームすることができる。

サービスは、ライフステージにあわせたリフォームサービスを提供することで、クルマを長期間乗り続けることを支援する「三菱愛着プロジェクト」の一環として導入された。

《》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三菱自動車の益子修会長
  • 三菱 eKクロススペース
  • 左から、帯広三菱自動車販売の鈴木修士社長、三菱自動車十勝研究所の新井慶司所長、音更町の小野信次町長、十勝三菱自動車販売の鈴木享社長
  • 三菱 eKクロススペース
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ