ハマー H3 のフードルーバーが脱落

自動車 ビジネス 国内マーケット
改善箇所説明図
改善箇所説明図 全 1 枚 拡大写真
ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンと三井物産オートモーティブは18日、ハマー『H3』のエンジンフードに不具合があるとして、それぞれ国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパン取り扱いが、2007年11月29日~09年4月1日に輸入された704台。三井物産オートモーティブ取り扱いが05年4月11日~06年7月28日に輸入された1148台。

エンジンフードルーバーの固定クリップの強度が不足しているため、クリップが折損し、フードルーバーにガタや浮き上がりが発生、フードルーバーが脱落するおそれがある。

全車両、フードルーバーに接着剤を塗布し、エンジンフード上に接着固定する。

不具合発生件数は22件で、市場からの報告と国土交通省からの指摘でわかった。事故は起きていない。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日野デュトロ
  • トヨタ ダイナ(2019年)
  • 日産セレナ(C26)
  • アウディ TT クーペ (2018年)
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ