BMWが皇居ランニングイベント---EfficientDynamics

自動車 ビジネス 国内マーケット
 
  全 15 枚 拡大写真
BMWジャパンはランニングを通して環境コンセプト“BMW EfficientDynamics(エフィシェントダイナミクス)”を体感するランニングイベントを27日に東京・皇居周辺で開催した。本イベントは東京以外にも、広島・福岡・仙台・札幌・名古屋・大阪の6年で開催する。

BMWが掲げる環境コンセプト「EfficientDynamics」は、燃料消費、排出ガスを削減しながらも、「駆けぬける歓び」も最大化するという意味を持つ。このコンセプトは、「無駄なものをそぎ落とし、より理想的な肉体・精神を作る=人間としてのパフォーマンスを高めていく」ランニングという行為に通じることから今回のイベントが企画されたという。

6月27日に実施された東京会場では、千代田区平河町の「adidas RUNBASE」が集合場所だったが、100名以上のランナーが集結。参加者は今回のイベントのために制作されたEfficientDynamicsのTシャツを身にまとい、3組に分かれて約5kmほどある皇居の外堀を思い思いのペースで走った。

BMWのマーケティング・コミュニケーション ゼネラルマネジャーの権田真司氏は、「当初は60名程度の参加者を見込んでいたが、それを大きく上回る100名以上の参加者が集まったことに驚いている」と述べる。

出張先のドイツ・ミュンヘンから帰ったばかりにもかかわらず、本イベントに参加者の一員として皇居を一周した権田氏は、本イベントの狙いを次のように語った。

「BMWは先頃おこなった『1シリーズ』および『3シリーズ』の改良で高精度ダイレクト・インジェクション・システムと希薄燃焼テクノロジー(リーンバーン)を採用し、出力とトルクを向上しながら燃料消費率を最大で約25%アップした。走ることの歓びはそのままに、性能と燃費を向上させるという、EfficientDynamicsの相反する目的を表現するにあたって、人間自身の足で走るイベントをサポートすることはBMWの理念にかなうものと考えた」

参加者らは走行後ふたたびadidas RUNBASEに戻った後、記念撮影を実施した。梅雨時の蒸し暑い中での感想とあって、参加者らは一様に汗だくだったが、記念撮影は笑顔で応えていた。

なお、東京以外の開催地スケジュールは以下の通り。

7月3日(土)
●広島
会場:中央公園・広島城周辺
集合:城北駅近く、会議室「リラルーム広島3F」
時間:9時00分受付開始
●福岡
会場:舞鶴公園・平和台競技場周辺
集合:平和台競技場前
時間:9時00分受付開始

7月4日(日)
●仙台
会場・集合:西公園 旧野球場グランド
時間:9時00分受付開始
●札幌
会場:豊平川河川敷
集合:幌平橋近く、自由広場
時間:9時00分受付開始

7月10日(土)
●名古屋
会場:名城公園周辺
集合:名城公園 フラワープラザ横広場
時間:9時00分受付開始
●大阪
会場:大阪城公園周辺
集合:馬場町交差点近く、大阪城公園内教育塔前
時間:9時00分受付開始

《北島友和》

この記事の写真

/

ピックアップ