トヨタのインド専用車 エティオス、エンジンを現地生産

自動車 ビジネス 海外マーケット
1月のデリーモーターショーで発表されたエティオス
1月のデリーモーターショーで発表されたエティオス 全 2 枚 拡大写真
トヨタ自動車は6日、インドで生産する新興国向け戦略小型車『エティオス』のエンジン、トランスミッションを現地生産すると発表した。インドを重要な生産拠点と位置づけ基幹部品も現地生産する。

約90億円を投資し2012年秋からエンジンを年間10万基生産する。13年初めからはトランスミッションを年間24万基生産する。500人を新たに雇用する計画だ。

生産を担当するのはインドのユニット生産会社、トヨタ・キルロスカ・オートパーツ。トヨタの多目的世界戦略車「IMV」用のマニュアルトランスミッションやアクスル、プロペラシャフトを生産している。

《編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・カムリ・ハイブリッド(北米仕様)
  • カーシェアと一緒にファッションも利用する「おでかけクローゼット」。トヨタカローラ中京は様々なモビリティサービスを提案する
  • トヨタ自動車元町工場
  • トヨタ・シエナ 新型
  • メルセデスAMG S63e プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV