三菱、軽ラインアップを一斉改良…補助金駆け込み需要ねらう

自動車 ニューモデル 新型車
三菱は5日、軽自動車ラインアップの一斉改良を発表した(写真はeKワゴンとeKスポーツ)
三菱は5日、軽自動車ラインアップの一斉改良を発表した(写真はeKワゴンとeKスポーツ) 全 6 枚 拡大写真
三菱自動車は5日、軽乗用車の『eKワゴン』、『eKスポーツ』、『トッポ』、『i』、『パジェロミニ』、『タウンボックス』と、軽商用車『ミニキャブトラック』、『ミニキャブバン』を一部改良し同日より販売を開始した。9月でエコカー補助金が終了することを受け、駆け込み需要の取り込みをねらう。

今回の一部改良では全車に「最長10年10万km」の特別保証延長の対象としたほか、タウンボックスとミニキャブシリーズを除いてメーター部に低燃費運転をサポートするECOランプを採用した。

eKスポーツ、トッポ、タウンボックスのボディカラーは「ミディアムグレーメタリック」を廃止し、新たに「チタニウムグレーメタリック」を追加設定した。

トッポの「G」グレードには、デジタルスピードメーター+アナログタコメーターを採用した。

iは「Vivace(ビバーチェ)」グレードに、SSD(フラッシュメモリドライブ)を内蔵した7インチワイドディスプレイ・DVD/CD&AM/FMラジオを一体化したナビゲーションシステム「三菱マルチエンターテイメントシステム(MMES)」と、リヤドアスピーカーを標準装備した「Vivace+navi」グレードを設定した。

パジェロミニは、「Navi Edition VR」グレードに、撥水フロントドアガラス、メッキ&親水ドアミラーを、「Navi Edition X」グレードに、撥水フロントドアガラス、メッキ&親水ドアミラー、ABSを標準装備した。

タウンボックスは、「LX」グレードのエンジンのフリクション低減などを施し、10・15モード燃料消費率を0.4km/リットル向上した。

ミニキャブトラック、ミニキャブバンもエンジンのフリクション低減など改良を施し、10・15モード燃料消費率を0.4~0.8km/リットルアップしたほか、運転席と助手席のシートバック側面部をビニールからニットに変更した。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三菱 RVR 改良新型
  • 三菱 アウトランダー PHEV の2020年モデル(欧州仕様)
  • スモールサイズの電動SUVコンセプトカー
  • マツダ3新型 セダン(1.8 SKYACTIV-D)
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)
Swipe

Next
/article/2010/08/05/143757.html/article/2010/08/05/143756.html/article/2010/08/05/143758.html