自動車部品工業の通期業績見通し…増収減益

自動車 ビジネス 企業動向
自動車部品工業
自動車部品工業 全 1 枚 拡大写真
自動車部品工業は、東日本大震災の影響で公表を見送っていた2012年3月期の連結決算業績見通しを発表した。

売上高は前年同期比8.2%増の716億円と増収となる見通し。主力の生産が回復しており、今後部品の販売が増加する見通し。

収益では円高の進展による為替差損や原材料価格の高騰が負担となって収益率が悪化する見通し。営業利益は同6.5%減の34億3000万円となる見込み。経常利益は同4.3%減の37億5000万円と減益に見込み。

最終利益は同12.8%減の21億2000万円となる見通し。

配当については期末配当を1株当たり前年同期と比べて2円増配して5円を予想する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 自工会の西川会長(日産自動車共同CEO)
  • サンゴバンのプレスリリース
  • NTNブース
  • ステラのアナログプレーヤー(いたばし産業見本市)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV