いすゞのリサイクル、1663万円の赤字…2010年度

自動車 ビジネス 企業動向
いすゞエルフ
いすゞエルフ 全 1 枚 拡大写真
いすゞ自動車は6月24日、自動車リサイクル法に基づき2010年度(2010年4月~2011年3月)の自動車シュレッダーダスト(ASR)、エアバッグ類、フロン類の再資源化実績を公表した。

指定3品目のうち、ASRについては、ARTに加盟してリサイクルを推進し、エアバッグ類・フロン類については自動車再資源化協力機構に業務を委託している。

2010年度の再資源化率はASRが83.6%、エアバッグ類が94.9%を達成し、それぞれ基準値を上回った。

再資源化に要した費用の総額は2億5238万円で、資金管理法人から払渡しを受けた預託金の総額は2億3575万円となり、全体収支は1663万円の赤字だった。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 【MotorTrend】旧車芸人「千原ジュニアの名車再生!プロジェクト」をご紹介
  • 新型BT-50(ダブルキャブ、オーストラリア仕様)
  • マツダ BT50 現行型(参考画像)
  • いすゞ エルガ(左)とエルガミオ
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ