日本メーカーHVの米国販売、急減速…6月実績

自動車 ビジネス 海外マーケット
トヨタ プリウス(北米仕様)
トヨタ プリウス(北米仕様) 全 4 枚 拡大写真
米国で、日本メーカーのハイブリッド車の新車販売が急減速してきた。東日本大震災による減産の影響を、もろに受けた形だ。

各社の発表によると、ハイブリッド車の6月米国販売実績は、トヨタ(レクサスを含む)が5703台。前年同月比は62.5%減と、大きく失速した。

その内訳は、『プリウス』が前年同月比62.1%減の4340台と大幅な減少。レクサス『HS250h』は、74.6%減の159台にとどまった。新型コンパクトハイブリッドの『CT200h』は、240台。3月には2199台を売り上げていたことを考慮すると、大幅な落ち込みだ。

またホンダは、『インサイト』が前年同月比34.2%減の1021台、『CR-Z』が966台。『シビックハイブリッド』は新型投入にもかかわらず、36.5%減の418台という結果に終わっている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタGRスーパースポーツ(ルマン24時間耐久レース2020会場)
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ・ヴァリアント 新型
  • スズキ・スウェイス
  • 中国で販売されている『レビンPHV』(日本でのカローラセダン)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ