スバル ルクラ 一部改良…NAモデル全車の燃費性能向上

自動車 ニューモデル 新型車
ルクラL Black Interior Limited
ルクラL Black Interior Limited 全 4 枚 拡大写真

富士重工業は19日、スバル『ルクラ』シリーズに改良を施し、発売を開始した。

ルクラシリーズは、ダイハツ工業の『タントエグゼ』ベースのOEM(相手先ブランドによる生産)供給車。

今回の改良は、追加グレードの設定や燃費性能の向上など、市場要望に合わせた仕様装備の変更を施し、シリーズ全体の商品力向上を図った。

追加グレードとして、ブラック色のインテリアや、14インチアルミホイール、ルーフスポイラー、サイドシルスポイラーなどのスポーティな印象を高める装備を採用した、ルクラ「L Black Interior Limited」を設定。

また、NAモデル全車は新エンジンを搭載し、燃費性能を向上させたことで、全車でエコカー減税の75%軽減レベルに適合。購入時の自動車取得税および自動車重量税が軽減される。

価格はルクラL(2WD・CVT)が123万5750円、同L Black Interior Limited(2WD・CVT)が132万円。

《仙田孝治@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 「こいつ…、動くぞ」総排気量7ccの超小型エンジン組み立てキット 予約開始
  2. ミドシップスポーツカー開発開始!!…トヨタ、ダイハツ、スズキ共同
  3. 伊藤かずえの『シーマ』、新車のように復元、NISSAN CROSSINGで12月8日より展示
  4. キャンピングカー人気ランキング…高額軽キャン『AMAHO』が初のランクイン 11月
  5. 阪和道などの4車線化工事が12月18日完成、大阪⇔和歌山が便利に
  6. マツダ3、250馬力の2.5ターボ設定…2022年型を今冬米国発売
  7. メルセデスベンツ Aクラス、現行初の大幅改良へ…新メッシュグリル見えた!
  8. テスラ『サイバートラック』、4モーター車から生産へ…2022年
  9. トヨタがWRCで戦うGR YARIS Rally1 を公開、豊田社長デモラン
  10. トヨタ タンドラ 新型、生産開始…ハイブリッドは2022年春から
ランキングをもっと見る