【メルセデスベンツ Bクラス 海外試乗】日本の脱ミニバン世代に…まるも亜希子

試乗記 輸入車
メルセデスベンツBクラス新型
メルセデスベンツBクラス新型 全 24 枚 拡大写真
2011年9月のフランクフルトショーでワールドプレミアとなった、2代目となる新型メルセデスベンツ『Bクラス』。欧州ではこの11月より販売開始、日本へは来春のデリバリーが予定されているが、10月初旬のドイツにおいて、ひと足先に試乗および取材が叶った。

第一印象では初代のイメージを受け継ぐ新型Bクラスだが、48mm低くなった全高をはじめ、細かく見るとスポーツツアラーの素養が増していることを感じる。

プラットフォーム、パワートレインなど全てが新しくなったほか、力を入れたのが安全装備だ。ミリ波レーダーを使った的確な警告とブレーキアシストで、衝突事故を未然に防ぐ「コリジョンプリベンションアシスト」を全車に搭載。これによってメルセデス・ベンツは、コンパクトクラスの新たな安全基準を創る意気込みを見せつける。

日本導入予定の1.6リットル直4ガソリンエンジン+7速DCTは、156hp/250Nmの「B200」と、122hp/200Nmの「B180」がある。

まずB200から試乗すると、ガッシリとした剛性感と大らかさのある加速フィールで、高速道路では上質なクルージングが味わえる。レーンチェンジなどではもう少し、俊敏なハンドリングでもいいかなと思えるが、ファミリーで乗るならちょうどいいテイストかもしれない。

次にB180に試乗すると、先ほどより軽快感が増して山道ではキビキビとカーブを抜けていけた。かといって、上質な乗り味がそれほど削がれるわけでもなく、2〜3人乗車ならこちらが良さそうだ。

ちなみにどちらも「ECO」モードのボタンがあり、ノーマルよりも抑えた出力で自然にエコドライブができ、信号待ちなどではアイドリングストップも作動する。

助手席および後席にも試乗してみたが、試乗車は全てランフラットタイヤだったためか、乗り心地はやや硬めに感じる場面もあった。

でもそれによって確保されたスペースのおかげで、後席には『Eクラス』より広い足元空間が生まれ、140mmの前後スライドで荷室を666リットルに拡大できる。後席を倒せばフルフラットになり、その操作感も文句無しにスムーズだ。

快適性、ダイナミズム&アジリティ、質感、安全性。この全てにおいて“未来のプレミアムコンパクト”を提示したと開発責任者が言う通り、新型Bクラスは脱ミニバン世代やダウンサイザーといった、日本の新たなコンパクトユーザーのニーズにも、バッチリ合いそうである。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

まるも亜希子/カーライフ・ジャーナリスト
映画声優、自動車雑誌編集者を経て、カーライフ・ジャーナリストとして独立。現在は雑誌・ウェブサイト・ラジオ・トークショーなどに出演・寄稿する他、セーフティ&エコドライブのインストラクターも務める。04年・05年にはサハラ砂漠ラリーに参戦、完走。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員(2011-2012等)、AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。公式ブログ『運転席DEナマトーク!』他アップ中。ニッポン放送『DRIVE with ECO&DREAM』(月〜金曜日、19時19分〜)レギュラー。

《まるも亜希子》

【画像】【メルセデスベンツ Bクラス 海外試乗】日本の脱ミニバン世代に…まるも亜希子(24枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. BMW 5シリーズ 次期型デザインを大予想!発売はまだまだ先?
  2. マツダ、RX-8とアテンザ 1万2000台を追加リコール…燃料漏れ
  3. 【トヨタ カローラクロス】購入者の9割がハイブリッドを選んだ!? その魅力を写真で見る[詳細画像]
  4. 日産 スカイライン のインフィニティ版、『Q50』の最強グレードは405馬力
  5. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】まさにカローラ、期待通りまとめられている…渡辺敏史
  6. SHOEI、定番のフルフェイスヘルメットにグラフィック追加へ
  7. ポール・ウォーカーが『GRスープラ』をカスタムしたら?…3台限定 トムス×月刊誌Safari
  8. 精悍さ際立つブラック仕様、ランドローバー ディフェンダー に日本限定モデル
  9. 2022北米トラックオブザイヤー、トヨタと日産の新型が通過…第2次選考6車種
  10. ボルボカーズ、内装に本革を使わない…新型EV全車、C40リチャージ から
ランキングをもっと見る