【ボローニャモーターショー11】アバルト500にもうひとつの「595」…コンペティツィオーネ

自動車 ニューモデル モーターショー
アバルト595コンペティツィオーネ
アバルト595コンペティツィオーネ 全 2 枚 拡大写真
フィアットの高性能車部門、アバルトは21日、イタリアで12月3日に開幕するボローニャモーターショー11において、アバルト『595コンペティツィオーネ』を初公開すると発表した。

同車はフィアット『500』の高性能バージョン、アバルト『500』をベースに、パフォーマンスをいっそう高めた仕様。車名の「595」とは、1957-72年に生産されたアバルトの名車、『595』に由来している。

595コンペティツィオーネは、同時に発表された『595トゥーリズモ』がブラック&レッドのツートンボディだったのに対して、「GRIGIO RECORD」と呼ばれるモノトーンのグレーで塗装。17インチのアルミホイールも専用デザインとなっており、細いスポークの間からはイエローのブレーキキャリパーが顔を出す。

室内は、レザー&アルカンターラ仕上げのバケットシートがハイライト。カラーリングはグレー&タンのツートンとして、ブラック&レッドの595トゥーリズモに対して雰囲気を変えている。アルミトリムやERGAL製のシフトレバーも装備された。

エンジンは、アバルト595トゥーリズモと共通。1.4リットル直列4気筒ガソリンターボ「T-ジェット」エンジンに、アバルトのパワーアップキットを装着。最大出力160ps、最大トルク23.5kgmを獲得し、0-100km/h加速は7.4秒、最高速は211km/hに到達する。


《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アバルト 595 ピスタ の改良モデル
  • 2019年7月28日に筑波サーキットで女性限定のドライビングレッスン「SCORPIONNA DRIVE FOR WOMAN」が開催
  • フィアット・アバルトで楽しむ。ナビヘッドを活かしたままで高音質化出来るPLUG&PLAY1080と、トレードインスピーカーのススメ
  • フィアット パンダ 200HP
  • BMW M5 改良新型 スクープ写真
  • 日産 の新型EVクロスオーバーは、「iMX」の市販型となるか。画像は予想CG
  • DS 8 開発車両 スクープ写真
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2011/11/24/165868.html/article/2011/11/24/165867.html/article/2011/11/24/165869.html