【東京モーターショー11】ホンダ、二輪EVモデル出展

自動車 ニューモデル モーターショー
ホンダMOTOR COMPO(東京モーターショー11)
ホンダMOTOR COMPO(東京モーターショー11) 全 16 枚 拡大写真
ホンダは東京モーターショー11にEV二輪のコンセプトモデルを出展する。

今回出品されるEVモデルは、EVを着実に前進させていくというホンダの意思表示であり、その可能性を示唆するものとなっている。

『MOTOR COMPO』

2010年の本田技術研究所創立50周年の際に行った社内公募で受賞した作品。1980年代初頭に販売された『モトコンポ』をデザインモチーフにしており、四輪の『マイクロコミューターコンセプト』に搭載可能としている。

また、日常生活の中での活用も想定した着脱式の走行用バッテリーを採用し、電源スイッチとメーターパネルにはi-Phoneを利用するシステムなっている。

『E-CANOPY』

ホンダ特有の三輪スクーターにEVシステムを搭載した次世代コミューター。ビルトイン可能なリアトランクの採用で、ビジネスユースを意識している。

『RC-E』

1960年代のGPマシンをイメージさせる、EVスーパースポーツ。250ccクラス並みのコンパクトな車体サイズと、EVのトルクフルなパワーを組み合わせた設定で、走る歓びを表現する。

《関谷守正》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV