スマート電気自動車、2012年央に日本市場に投入

自動車 ビジネス 国内マーケット
スマート フォーツー エレクトリックドライブ(東京モーターショー11)
スマート フォーツー エレクトリックドライブ(東京モーターショー11) 全 12 枚 拡大写真
メルセデス・ベンツ日本は、マイクロコンパクトカーのスマートの電気自動車『スマート・フォー・ツー・エレクトリック・ドライブ』を日本国内で2012年年央に発売すると発表した。

スマート電気自動車の日本発売では、2010年10月から日本国内でテストカーを用いた実証テストを行い、一般ユーザーからも多くのデータを収集・検証している。

スマート電気自動車は、ダイムラーとエボニック・インダストリーズとの合弁企業ドイチェ・アキュモーティブが開発したリチウムイオンバッテリー、ダイムラーとボッシュの合弁企業EMモーティブが開発した出力55kWのモーターを搭載する。新開発のエネルギー密度17.6kWhの高出力バッテリーと新開発高効率モーターの組み合わせにより、最高速度と加速性能の改善を図るとともに、航続距離を確保した。

充電時間は0%から100%まで約8時間(200V電源の場合)。

日本仕様の販売価格・仕様など詳細は、2012年年央に発表する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2011/12/01/166309.html/article/2011/12/01/166308.html/article/2011/12/01/166310.html