【MINI クーペ 試乗】クルマと一体化できる…島崎七生人

試乗記 輸入車
MINI クーペ ジョンクーパーワークス
MINI クーペ ジョンクーパーワークス 全 12 枚 拡大写真
野球帽のツバを後ろに回して被っているようなルーフ。ハッチバックよりさらに50mm低い車体。そんなルックスからも想像できるとおり、MINI『クーペ』の走りは実にファン。

フロントスクリーンの傾斜が強いのはハッチバックとの相違点だが、2座席の低く座るシートは着座した瞬間にクルマと自分が一体化したかのよう。走りだせば今度はクルマが自分と一体化したように、自分の手足のように操っていられる。

「クーパー」と「クーパーS」とでは同じ1.6リットルターボのチューン違いのエンジンを搭載するが、クーペの場合は、よりハイパワーなクーパーSのほうが、運動性能が高い“足”に見合っている。

反対にサスペンションは、クーパー、クーパーSとで設定の差はほとんど感じない。心地よく締め上げられ、路面のショックも場合により伝えるが、嫌になるような硬さ、重さではない。

ザバザバした『クロスオーバー』は個人的には受け容れられなかったが、クーペはうっかり見落としたら一生後悔しそう。『ロードスター』も登場したようだが、そちらもさぞ楽しいことだろう。

なおラゲッジスペースは後席がない分、ハッチバックのざっと1.5倍。バックドアはいささか重く、開閉にチカラが要るが……。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト

1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年より『GOLD CARトップ・ニューカー速報』の取材/執筆を皮切りにフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

《島崎七生人》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2012/02/09/169777.html/article/2012/02/09/169776.html/article/2012/02/09/169778.html