VW ゴルフヴァリアント、ブルーモーション搭載で過去最高の燃費性能

自動車 ニューモデル 新型車
ゴルフヴァリアントTSIトレンドライン・ブルーモーション・テクノロジー
ゴルフヴァリアントTSIトレンドライン・ブルーモーション・テクノロジー 全 8 枚 拡大写真
フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、『ゴルフヴァリアント』のエントリーモデル、「TSIトレンドライン・プレミアムエディション」の排気量を1.2リットルにダウンサイジングし、ブルーモーションテクノロジーを採用した新型車を3月23日から発売する。

今回発売するゴルフヴァリアント「TSIトレンドライン・ブルーモーション・テクノロジー」は、エントリーグレードの「トレンドライン・プレミアムエディション」をベースに、エンジンを従来の1.4リットルから1.2リットルに変更。さらにアイドリングストップシステムとブレーキエネルギー回生システムを採用する「ブルーモーションテクノロジー」をゴルフヴァリアントとして初めて標準装備した。

これに伴って、10・15モード燃費は16.4km/リットルから18.4km/リットルへと約12%向上。ゴルフヴァリアントとして過去最高の低燃費を実現した。

価格は279万円に据え置いた。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV