クライスラー、PHVミニバンの実証実験を開始

自動車 ビジネス 海外マーケット
クライスラー・タウン&カントリー(日本名:グランドボイジャー)
クライスラー・タウン&カントリー(日本名:グランドボイジャー) 全 1 枚 拡大写真
クライスラーグループは12日、米国ミシガン州オーバーンヒルズ市に、4台のプラグインハイブリッド(PHV)ミニバンを引き渡したと発表した。

オーバーンヒルズ市は、クライスラーグループの本社所在地。4台のPHVミニバンは、クライスラーグループと米国エネルギー省のパートナーシップの下、オーバーンヒルズ市が2年間の予定で、実証実験プログラムに活用する。

4台のPHVミニバンは、クライスラーブランドの『タウン&カントリー』(日本名:『グランドボイジャー』)がベース。実証実験では、同車の充電環境などの確認が行われる。

クライスラーグループは、このプロジェクトに1580万ドル(約13億円)を投じ、25台の実験車を製作する計画。同社のEVパワートレイン開発部門、Abdullah A. Bazzi氏は、「このミニバンはフレックス燃料に対応した唯一のPHVミニバンだ」とコメントしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • FCAの電動車向け急速充電ステーション「モビリティストア」
  • FCAのPHVが都市部の電動車専用エリアで自動でEVモードに切り替えるテスト
  • FCAのイタリア・トリノ・ミラフィオリ工場でのV2Gプロジェクト完成予想イメージ。最大700台のEVを相互接続する
  • フォードモーターの米国ミシガン州ディアボーン工場
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 「ダックテール」を備えたポルシェ 911 開発車両(スクープ写真)
  • Hofele Design Ultmate HGLE

ピックアップ