クライスラー、PHVミニバンの実証実験を開始

自動車 ビジネス 海外マーケット
クライスラー・タウン&カントリー(日本名:グランドボイジャー)
クライスラー・タウン&カントリー(日本名:グランドボイジャー) 全 1 枚 拡大写真
クライスラーグループは12日、米国ミシガン州オーバーンヒルズ市に、4台のプラグインハイブリッド(PHV)ミニバンを引き渡したと発表した。

オーバーンヒルズ市は、クライスラーグループの本社所在地。4台のPHVミニバンは、クライスラーグループと米国エネルギー省のパートナーシップの下、オーバーンヒルズ市が2年間の予定で、実証実験プログラムに活用する。

4台のPHVミニバンは、クライスラーブランドの『タウン&カントリー』(日本名:『グランドボイジャー』)がベース。実証実験では、同車の充電環境などの確認が行われる。

クライスラーグループは、このプロジェクトに1580万ドル(約13億円)を投じ、25台の実験車を製作する計画。同社のEVパワートレイン開発部門、Abdullah A. Bazzi氏は、「このミニバンはフレックス燃料に対応した唯一のPHVミニバンだ」とコメントしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アルパインが米FCA社のサプライヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞
  • リアル キッズ アートキャンペーン
  • ジープ・グランドチェロキー
  • ジープBIKINI Editionの2台
  • 日産 の新型EVクロスオーバーは、「iMX」の市販型となるか。画像は予想CG
  • DS 8 開発車両 スクープ写真
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2012/04/19/173187.html/article/2012/04/19/173186.html/article/2012/04/19/173188.html