ダイハツ ムーヴなど5車種13万台超をリコール…エンジン停止の恐れ

自動車 ビジネス 国内マーケット
ダイハツ・タント
ダイハツ・タント 全 3 枚 拡大写真
ダイハツ工業は6日、軽自動車『タント』『ムーヴ』『ソニカ』など計5車種のクランク角センサに不具合があるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2006年5月22日~2010年1月27日に製作された13万8440台。

ターボチャージャ付車両のエンジンのクランク角センサで、内部コイルの耐久性が不足しているため、エンジン始動直後に高速走行するような運転を繰り返すと過大な振動によりコイルが断線し、走行中にエンジンが停止するか、エンジンが始動できなくなるおそれがある。

全車両、クランク角センサを改善品と交換する。

不具合発生件数は34件で、市場からの情報で発見した。事故は起きていない。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スズキ アドレス125(2019年)
  • プジョー5008
  • ヤマハ YZF-R25(2018年)
  • BMW 2シリーズ
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ