【グッドウッド12】ベントレー、コンチネンタルGTスピード 新型発表…史上最強の625ps

自動車 ニューモデル 新型車
ベントレー・新型コンチネンタルGTスピード(グッドウッド12)
ベントレー・新型コンチネンタルGTスピード(グッドウッド12) 全 7 枚 拡大写真
英国の高級車メーカー、ベントレーは20日、英国で28日に開幕する「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2012」において、新型『コンチネンタルGTスピード』をワールドプレミアすると発表した。

コンチネンタルGTスピードは、『コンチネンタルGT』をベースに、さらなる高性能化を追求したモデル。2007年、初代モデルに初設定された。2010年にモデルチェンジを受けて登場した2代目では、コンチネンタルGTスピードの設定は初となる。

新型コンチネンタルGTスピードは、初代からさらにパワーアップ。ツインターボで過給された6.0リットルW12気筒ガソリンエンジンは、最大出力625ps、最大トルク81.6kgmを引き出す。これは先代比で、15ps、5.1kgmの性能向上。同社によると、ベントレーの量産車としては、史上最強のパワーを誇るという。

トランスミッションは、新開発のZF製クロスレシオ8速AT。新型コンチネンタルGTスピードは、0-100km/h加速4.2秒、最高速329km/hという優れたパフォーマンスを実現する。

新型コンチネンタルGTスピードは20日、欧州での受注をスタート。納車は10月に開始される予定だ。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV