ピークシフト型自販機を開発…日本コカ・コーラ

自動車 ビジネス 企業動向
ピークシフト型自販機
ピークシフト型自販機 全 1 枚 拡大写真
日本コカ・コーラは、富士電機の子会社である富士電機リテイルシステムズと、冷却のための電力を最長16時間使用しないピークシフト型自動販売機「A011号機」を共同開発した。7月2日からフィールドテストを実施する。

今回開発に成功したピークシフト型自動販売機は、冷却のための電力使用を、一般的に電力使用がピークとなる日中から、比較的電力に余裕がある夜にシフトするもの。

従来の自動販売機は、消費電力抑制のため、販売状況に応じて収容製品の一部のみを冷却していたため、冷却を長時間停止すると庫内の温度が少しずつ上昇する。ピークシフト型自動販売機のA011号機は、比較的電力に余裕がある夜間に収容製品の全量を冷却し、保冷機能を高めることで、長時間冷却を停止しても、製品の温度上昇を抑制する。

また、真空断熱材をより多く採用することで断熱性能を高め、外気温の影響を受けにくくしている。

市場への本格導入に向け、埼玉県熊谷市、岐阜県多治見市周辺で7月2日から約2か月間、ピークシフト型自動販売機のフィールドテストを実施する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV