MINI、布袋寅泰のコラボモデルを特別展示

自動車 ビジネス 企業動向
MINI×布袋寅泰 コラボモデル ロードスター
MINI×布袋寅泰 コラボモデル ロードスター 全 10 枚 拡大写真
ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、MINIと布袋寅泰のコラボレーションモデル、『クーペ』および『ロードスター』を、7月3日から18日までBMWグループスタジオ(東京都千代田区)で特別展示する。

MINIは布袋寅泰とのコラボレーションを実施し、6月の日本武道館ライブに特別協賛。今回展示するコラボモデルは、それを記念して製作されたもの。

クーペのコラボモデルは、赤と黒をベースにした「ブラック・ファイヤー・モデル」。外観にギターをイメージした絵柄を施し、ベースの赤を貼り付けた上にブラックの部分を貼り付けるといった1台で2台分の施工方法が取られている。インテリアは、丸いリングの部分にすべて赤メッキがあしらわれているほか、インテリア・サーフェースには、ギターが「ガラスケースに収まっているイメージ」にするため、パネルをギターの形状に型取りし、エポキシ樹脂で埋めるという方法が選択されている。

ロードスターのコラボモデルは、白と黒とをベースにした「ギタリズム・モデル」。外装、内装には幾何学模様が全面に施されている。また、ダッシュボード、シート、ドア・シル、ルームミラーなど、細部にまで拘りのデザインを再現。さらにタコメーターの針には、布袋寅泰のギターをミニチュア化したものが使用されている。そのほか、サイドスカットルには、コラボレーションの証である「HOTEI」ロゴが刻まれている。

展示会場には、布袋寅泰のギターレプリカや、様々なグッズもあわせて展示。BMWグループスタジオでの展示終了後は、7月末のMINI宝塚での展示を皮切りに、MINI正規ディーラーでの展示を順次展開していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2012/07/03/177222.html/article/2012/07/03/177221.html/article/2012/07/03/177223.html