米当局、マツダとフォードのSUVを調査…最大73万台に不具合の可能性

自動車 ビジネス 海外マーケット
マツダ・トリビュート
マツダ・トリビュート 全 2 枚 拡大写真
マツダとフォードモーターが共同開発し、かつて販売されたSUV、『トリビュート』と『エスケープ』。両車に不具合の可能性があるとして、米当局が調査に乗り出したことが分かった。

これは7月17日、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。2001‐2004年モデルのトリビュートとエスケープに関して、消費者からの苦情を受けて、リコール(回収・無償修理)に該当するかどうかを判断するための予備的な調査に乗り出したのだ。

NHTSAによると、両車のV6ガソリンエンジン搭載車には、アクセルペダルから足を離しても、エンジン回転数が下がらない約100件のトラブル報告が寄せられており、スロットルに何らかの不具合がある可能性があるという。

NHTSAは「調査対象車両は、米国内で最大73万台」と説明している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スバル・レガシィの2013年モデル
  • 日産ヴァーサセダン(日本名:ティーダ・ラティオ)
  • マツダRX-8
  • アウディ Q5 新型のNHTSA衝突テスト
  • ヴェノム F5
  • フェラーリ 新型ハイブリッドのプロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ スープラ 新型
  • BMW iNEXT/i5 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2012/07/19/178127.html/article/2012/07/19/178126.html/article/2012/07/19/178128.html