スバル ルクラ を一部改良、NA 2WD車がエコカー減税の免税レベルに適合

自動車 ニューモデル 新型車
スバル・ルクラL
スバル・ルクラL 全 2 枚 拡大写真
富士重工業は、軽乗用車、スバル『ルクラ』シリーズに一部改良を施し、9月10日より発売を開始した。

今回の改良では、NA・2WD車のエンジン制御を最適化し、燃費を25.0km/リットル(JC08モード)に向上させた。これにより、NA・2WD車がエコカー減税(環境対応車普及促進税制)の免税レベルに適合した。

また、ターボモデルについては価格改定を行い、仕様装備はそのままに、リーズナブルな価格設定とした。

ルクラは、ダイハツ工業より、アライアンスの成果としてOEM供給を受ける商品。

価格は118万8750円から162万6000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ペダル踏み間違い時加速抑制装置 車載インジケーター(作動時イメージ)
  • ダイハツ ムーヴ(2014年)
  • スバル・ステラ カスタムRS
  • スバル ルクラL
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー ディスカバリー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ