アウディ A8 一部仕様を変更…新型4リットル直噴ターボ搭載

自動車 ニューモデル 新型車
アウディ A8L
アウディ A8L 全 3 枚 拡大写真
アウディ ジャパンは、アウディ『A8/A8L』の一部仕様を変更し、発売を開始した。

今回の仕様変更では、4.2リッターV型8気筒ガソリン直噴(FSI)ターボエンジンを4リットルにダウンサイジング。最高出力420ps、最大トルク600Nmと、従来の4.2リットル自然吸気モデルとの比較で、48ps/155Nmプラスという大幅な出力・トルクのアップを果たしている。

また燃費性能も、エネルギーリカバリーシステムやスタート ストップシステム、シリンダーオンデマンドシステムなどの効果もあり、9.8km/リットル(JC08モード・A8 4.0 TFSI quattro)に向上させている。

価格はA8 4.0 TFSIクワトロが1200万円、A8L 4.0 TFSIクワトロが1335万円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アウディ S8 新型
  • アプト・スポーツラインのアウディ S8 新型のカスタマイズプログラム
  • アウディA8新型
  • アウディ A8(2011年)
  • メルセデスAMG S63e プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV