ホンダ伊東社長、軽オープン「お客様はそういうものに飢えていると確信」

自動車 ニューモデル 新型車
ホンダ伊東孝紳社長会見
ホンダ伊東孝紳社長会見 全 4 枚 拡大写真
ホンダの伊東孝紳社長は9月21日の会見で、2014年に発売する軽のオープンスポーツカーについて「個人的にも期待している商品」とした上で、「お客様は多分そういうものに飢えているという確信がある」との考えを示した。

伊東社長は「軽スポーツの市場規模は、正直言うとそれほど大きくない。我々はそれを『ビート』というほぼ同じような内容の商品で経験した。そして、それが大きく事業貢献したかというと、大変な事業継続だった」と、かつての苦い経験を振り返った。

「しかしながら、やはりそういうものは良いと我々自身も思っているし、お客様もたぶんそう思っているのではないか。そこで、是非投入して我々も喜びたいし、お客様にも喜んで頂きたい」と、再参入への思いを語った。

その上で「市場はなかなか大きいものではないが、お客様は多分そういうものに飢えているという、これもまたひとつ確信があり、そんな中で事業の成立性を図りたいと思っている」と述べた。

ホンダは11月に発売する『N-ONE』および、新型オープンスポーツカーを含む計6つの軽自動車を2015年までに投入する計画。

《小松哲也》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 軽のABC+C
  • ホンダ ペーパークラフト 「溝呂木ペーパークラフト店、ステップワゴンでお買い物」
  • ホンダ BEAT あの頃の「全力で楽しい」走りを未来へ繋げたい…BEATparts
  • ホンダ・ビート(1991年)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ