JR東日本ダイヤ改正…E1系Max引退、E4系化で着席数アップ

自動車 ニューモデル 新型車
E4+E4による運転
E4+E4による運転 全 5 枚 拡大写真
JR東日本は9月29日、山形新幹線「つばさ」の速達化、東北新幹線「はやて」へE5系追加投入、上越新幹線輸送力増強などのダイヤ改正を実施。

すべての「つばさ」が最高速度275km/h となり、到達時間が短縮。また「はやて」(東京~新青森)は、15往復中11往復がE5系で運転されることに。

上越新幹線では、これまでE1系(2階建て12両編成)で運転されていた「Maxとき」4往復と「Maxたにがわ」2往復が、E4系+E4系(2階建て16両編成)に変更され、着席サービスが向上する。

この改正で、1994年7月15日から18年間活躍してきたE1系が定期運用から引退した。

《大野雅人》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 叡山電車
  • 燃料電池バス
  • 現行の中央線東京発下り終電時刻は0時35分だが、繰上げ実施後は30分程度早まることになる。写真は東京駅で発車を待つ終夜運転時の中央線列車。
  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV