ホンダ、インド市場に ブリオ のATを投入

自動車 ビジネス 海外マーケット
ホンダインド ブリオ AT
ホンダインド ブリオ AT 全 3 枚 拡大写真
10月18日、ホンダカーズインディアは『ブリオ』にオートマチックトランスミッション(AT)と新グレード「EX」を追加した。

ブリオは新興国向けに販売されている小型車で、『フィット』より下に位置する。

今回、ブリオの上級グレードであるS(O)とVにトルコンベースの5速ATを追加した。S(O)が57万4000ルピー(約86万円)、アルミホイール、デュアルエアバッグ、フォグランプ、デュアルトーンベージュ内装などを備える最上級のVが59万9000ルピー(約90万円)。

MTの燃費が19.4km/リットルであるのに対し、ATの燃費は16.5km/リットルとなる。

また、廉価グレードのEとSの間に新たなグレード、EXを追加した。EXは「E」にボディ同色ミラーや同色ドアハンドル、1DINカーオディオなどを追加したグレードで42万6000ルピー(約64万円)となる。

《松川 雅則》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 新型ブリオRS
  • GIIAS2018で登場した第二世代「ブリオ」。今秋よりインドネシア国内で発売される予定
  • 第二世代の新型「ブリオ」の発表後、記念写真を撮る関係者
  • ホンダ シティ
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ