SRT バイパー、性能公表…0‐96km/h加速は3秒以下

自動車 ニューモデル 新型車
SRTバイパー(ニューヨークモーターショー12)
SRTバイパー(ニューヨークモーターショー12) 全 6 枚 拡大写真
クライスラーグループが2012年4月、ニューヨークモーターショー12で初公開したダッジ『バイパー』後継車、SRT『バイパー』。同車の驚異的な動力性能が判明した。

これは11月21日、クライスラーグループの高性能車開発部門、SRT(ストリート&レーシング・テクノロジー)が明らかにしたもの。SRTバイパーの米国発売をアナウンスするとともに、そのスペックを公開したのだ。

すでに発表されているように、SRTバイパーには、現在のダウンサイジングトレンドとは無縁の大排気量V型10気筒ガソリンエンジンを搭載。このV10は従来通り、排気量は8.4リットル。しかし、ピストンやインテークマニホールド、エグゾーストバルブなどに、大幅な改良を受けており、最大出力は640ps、最大トルクは83kgmを引き出す。これは先代比で、40ps、5.5kgm強化された計算。SRTによると、自然吸気エンジンとしては世界最強のトルクを誇るという。

今回、明らかになったのは、その動力性能。SRTバイパーは0‐96km/h加速を3秒以下で駆け抜け、最高速は331km/hに到達する。0‐400m加速は11秒台半ば。世界屈指の性能といっていいだろう。

SRTは、新型の価格も発表。米国でのベース価格は、9万7395ドル(約800万円)とアナウンスされている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • SRT バイパー
  • SRTバイパー アノダイズド・カーボンスペシャル・エディション
  • SRT バイパー
  • SRT「バイパー」GTパッケージ
  • テスラ モデルS Plaid 開発車両(スクープ写真)
  • Ajlani Motors 新型 ハイパーカー ティザーイメージ
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2012/11/22/185633.html/article/2012/11/22/185632.html/article/2012/11/22/185634.html