【日産 シルフィ 試乗記】納得のいく仕上がりで、期待を裏切らない…島崎七生人

試乗記 国産車
日産 シルフィ
日産 シルフィ 全 6 枚 拡大写真
車名から“ブルーバード”の名が消え、日本市場では『シルフィ』と呼ばれることに。世界各地で通用させるため、5ナンバーサイズだった先代に対し全幅は1760mmとなった。

同社上級セダンのフーガ、ティアナに通じる味わいのスタイリングは、それなりに風格を感じさせる。“素”ないしは“吊し”でもサマになる気がする。フロントウインド下端のラインが後方からドアミラー部に向かいせり上がっている。が、ここはサイド方向の車両感覚を掴む際の目安にしたいから、直線、できれば水平がよかったのではないだろうか?

インパネ等のデザイン、質感も納得のいく仕上がり。加飾の使い方が控えめで煩くないのが効いている。センターコンソールのカップホルダー部がシャッター付きなのも、“ひと手間かけてある感”がある。

シートもサイズが十分で、クッションの厚み、硬さもいい。さすがに『ラティオ』より奢られた印象がある。後席もスペースが広く、シートも上級車感覚の寛げる着座感覚なのがいい。トランクも広大。とくに天地方向は実測で60cm程度あり、深さがあり、嵩張る荷物の積み込みが容易だ。

走りも期待を裏切らない。とくに乗り心地はフラット感があり、スピードが乗るとセダンらしい安定感をみせる。低速域でステアリングのパワーアシストが過大に感じるのは少し気になる部分。1.8リットルエンジン+CVTは、動力性能は十分で、CVTの制御がかなり自然。実用燃費も良好な手応えで、エコ運転に徹することなく、通常の走らせ方で、22.0km/リットルを車載の平均燃費計の表示で確認できた。もちろんこの数字は、条件次第でさらに伸ばせるはずだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

《島崎七生人》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産 キックス
  • ホンダ アコード 新型
  • マツダ2 XD ホワイトコンフォート
  • 三菱 eKクロススペース
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)