【ジュネーブモーターショー13】プジョーの小型クロスオーバー、2008にハイブリッド エア…圧縮空気で34.5km/リットル

エコカー ハイブリッド
プジョー 2008
プジョー 2008 全 1 枚 拡大写真
フランスの自動車大手、プジョーは2月18日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー13において、『2008ハイブリッド エア』を初公開すると発表した。

2008ハイブリッド エアは、欧州Bセグメントサイズの小型クロスオーバー、『2008』をベースに、PSAプジョーシトロエンとボッシュが共同開発した新世代ハイブリッド技術、「ハイブリッド エア」を採用。その名の通り、空気(圧縮空気)を使ったハイブリッドシステムという点が特徴だ。

ハイブリッド エアのシステムは、1.2リットル直列3気筒ガソリンエンジン、ギアボックス、モーター、圧縮空気タンクなどで構成。従来のハイブリッドは、二次電池としてニッケル水素バッテリーやリチウムイオンバッテリーを使用してきた。PSAプジョーシトロエンによると、ハイブリッド エアでは二次電池を使わず、圧縮空気がバッテリーの役割を果たすという。

走行モードは3種類。ガソリンエンジンで駆動する「ガソリンモード」、ガソリンエンジンとモーターで駆動する「複合モード」、モーターだけで駆動する「ゼロエミッション車モード」の3種類の走行モードを備える。圧縮空気によって、モーターを駆動しようというアイデアだ。

環境性能に優れるのも、ハイブリッド エアの特徴。プジョーによると、開発テスト段階での欧州複合モード燃費は34.5km/リットル、CO2排出量は69g/kmを示したという。

同じくPSAのシトロエンも、ジュネーブモーターショー13で、ハイブリッド エアを採用した『C3ハイブリッド エア』を発表する予定。PSAプジョーシトロエンは、ハイブリッド エア搭載車の早期市販を目指す。



《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • コンチネンタルのパワートレイン新会社が受注したプジョー 208 EVの電動アクスルドライブ
  • プジョー 3008 GT ハイブリッド4
  • プジョー508ハイブリッド
  • プジョー 208 新型
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)
  • VW T7 開発車両スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2013/02/20/191698.html/article/2013/02/20/191697.html/article/2013/02/20/191699.html