東京モノレール、「モノレール&都区内フリーきっぷ」の発売を終了

鉄道 エンタメ・イベント
「モノレール&都区内フリーきっぷ」の発売を終了する東京モノレール。
「モノレール&都区内フリーきっぷ」の発売を終了する東京モノレール。 全 2 枚 拡大写真
東京モノレールは3月15日、東京モノレール羽田空港線と東京23区内のJR線がセットになった「モノレール&都区内フリーきっぷ」について、3月31日利用開始分をもって発売を終了すると発表した。

「モノレール&都区内フリーきっぷ」は、羽田空港第2ビル、羽田空港第1ビル、羽田空港国際線ビルの各駅からモノレール浜松町駅までのモノレール往復乗車券と、東京23区内のJR線を自由乗降エリアとしたフリー乗車券をセットにした割引切符。利用期間に応じて3種類あり、発売額(大人)は2日間用が2000円、3日間用が2500円、4日間用が3000円となっている。

なお、関東地方のJR各駅から東京23区の自由乗降エリアまでの往復がセットになった「都区内フリーきっぷ」や、「都区内フリーきっぷ」の自由乗降エリアに東京臨海高速鉄道りんかい線と東京モノレール羽田空港線天王洲アイル~モノレール浜松町間を加えた「都区内・りんかいフリーきっぷ」も、3月31日利用開始分をもって発売が終了となる。

これに対し、「モノレール&山手線内割引きっぷ」は4月1日以降も引き続き発売する。羽田空港第2ビル、羽田空港第1ビル、羽田空港国際線ビルの各駅からモノレール浜松町駅までの片道乗車券と、浜松町駅からJR山手線内各駅までの片道乗車券がセットになっており、発売額は一律500円。土曜・休日のほか春休み、夏休み、冬休みなどの長期休暇期間中に発売され、発売日当日のみ利用できる。2013年度は6月の平日も発売する。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • かつてのキハ400・480形に使われていた宗谷線急行色となったキハ40 1747.
  • 9月11日の運行開始に際し、京都駅31番のりばで行なわれた『WEST EXPRESS 銀河』の出発式。
  • 東京・池袋駅(7月21日)
  • 上下各1本が減便される長崎本線の特急「かもめ」。
  • 七尾線へ投入される521系。輪島の漆塗りをイメージした茜色のラインカラーが入る。
  • 10月2日限りで消えるしなの鉄道115系S11編成のコカ・コーラ色。N12編成だったJR東日本時代の1987年にもコカ・コーラ色となっていた。
  • 終電繰上げ後の大阪駅は、0時15分発の大阪環状線京橋行きが最終列車に。現行より18分繰り上がる。
  • 8000系電車による特急『しおかぜ・いしづち』。10月1日からは『しおかぜ3・5・16・18号』が単独運転となるため、宇多津・多度津以西で併結される高松~松山間の『いしづち3・5・16・18号』は、高松~宇多津・多度津間の単独運転となる。

ピックアップ