ホンダ、周囲のクルマとの同調走行をサポートするアプリを開発…渋滞抑制に貢献

自動車 テクノロジー 安全
渋滞抑制効果イメージ
渋滞抑制効果イメージ 全 5 枚 拡大写真
ホンダは渋滞抑制技術に関する公道実験をインドネシアで実施し、渋滞発生を遅らせる効果と燃費を20%以上向上させる効果を確認したと発表した。

公道実験は、2012年9月から2013年2月にかけてジャカルタのUlujami-Pondok Ranji高速道路で実施。ホンダは、ドライバーが周囲の車両と同調した走行をしているかを、スマートフォンのディスプレイの色を変化させることにより一目で確認できるアプリを開発し、公道実験で使用した。

同アプリは車両の加減速変動のパターンをモニターし、渋滞の発生につながる走行であるかを判断することで、周囲の車両と同調した走行をサポートする。また、単に渋滞を抑制するだけでなく、安全性を向上するとともに、自車だけでなく周囲の数百台の車両の燃費を向上させる効果が期待できるという。

同社では今後、交通流量や走行パターンをもとに、渋滞が発生する可能性のある地点の情報を車両端末に表示する機能や、音や振動で周囲と同調した走行をサポートする機能の開発など、渋滞のない交通社会の構築につながる取り組みを進めていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/
Response.TV