ダイハツ、インドネシア戦略車 アイラ の現地生産工場を開所

自動車 ビジネス 海外マーケット
ダイハツ・アイラ
ダイハツ・アイラ 全 2 枚 拡大写真
ダイハツのインドネシア現地子会社、アストラ・ダイハツ・モーター社は4月22日、インドネシア西ジャワ州 カラワン スルヤチプタ工業団地に建設していた「カラワン アッセンブリー プラント」の開所式を実施した。

新工場では、インドネシア政府が検討しているLCGC(Low Cost Green Car)政策に向けたモデル、ダイハツ『アイラ』、トヨタ『アギア』を生産。現地調達率の拡大や現地デザイナーの起用など現地化を進め、低価格・低燃費なクルマを実現する。また、インドネシア初となるR&D機能を有するテストコースも開設する。

プレス・ボデー・塗装・組立ラインから成る新工場の生産能力は12万台/年(2直定時)で、すでにダイハツ『セニア』、トヨタ『アバンザ』を生産している。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ