マツダ ファミリアバン を一部改良…1.5リットルモデルをCVT化

自動車 ニューモデル 新型車
マツダ・ファミリアバン VE(2WD車)
マツダ・ファミリアバン VE(2WD車) 全 1 枚 拡大写真
マツダは、商用車『ファミリアバン』の一部改良を行い、5月28日より販売を開始した。

今回の改良では、1.5リットルエンジン(2WD)車にCVTを採用。燃費性能を17.4km/リットル(JC08モード)に向上させ、エコカー減税の免税対象となった。

また、全車のメーター内に平均燃費、瞬間燃費および航続可能距離の表示機能を追加し、インストルメントパネルの意匠を黒基調に変更した。

価格は146万7900円から169万0500円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダ R360クーペ と ロードスター 100周年特別記念車
  • マツダ・サバンナRX-7、RX-7のリトラクタブルヘッドランプ
  • トヨタ・プロボックス(参考画像)
  • マツダ ファミリア(5代目 1980年6月)のカタログ
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ