部工会と政策投資銀行、サプライチェーン・サポート・ファンドが東海トリムに優先出資を実施

自動車 ビジネス 企業動向
サプライチェーンサポートファンド、東海トリムに優先出資
サプライチェーンサポートファンド、東海トリムに優先出資 全 1 枚 拡大写真
日本自動車部品工業会と日本政策投資銀行(DBJ)は、5月に共同で設立したサプライチェーン・サポート(SCS)がJ-STARが運営するファンドとともに、東海トリムホールディングスに優先出資したと発表した。

SCSが運営するファンドは、東日本大震災に伴うサプライチェーンの分断を機に、日本の基幹産業である自動車産業のサプライチェーンを支える企業に対し、資本性資金を含む長期安定資金を供給することを通じ、同産業の震災からの復興、事業再構築・再編等を支援することを目的に設立した。

東海トリムは、四輪車と二輪車用シートカバー、各種帆布製品の縫製加工受託事業を展開している。早くから海外進出を推進し、グローバルな生産体制を構築している。

今回の優先出資は、厳しい事業環境の中、積極的・機動的な投資戦略を採る財務基盤を確立することで、東海トリムの成長を後押しするのが目的。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日本自動車工業会の豊田章男会長
  • 自動車工業4団体トップによる合同会見(ネット中継)
  • 北京地下鉄(2月19日)
  • 自動車工業団体の賀詞交歓会で挨拶する自工会の 神子柴副会長
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ