【テクノフロンティア13】ミクロン単位の作業をする大田区の中小企業に注文殺到

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
微細加工をしたインパクトの製品群
微細加工をしたインパクトの製品群 全 3 枚 拡大写真
「難問、珍問、承ります」との方針を掲げ、「他でできるものはうちに持ってこないでほしい」と豪語するのが、大田区の中小企業、インパクトだ。その精密加工技術は実に驚くものとしか言いようがない。

顕微鏡をのぞくと、そこにはバネがあり、髪の毛よりも細い。横には針のようなものがたくさん並んでいるが、同じようにすべて何らかの細かい加工が施されている。「うちはミクロン単位の加工が得意な会社で、先端径が1ミクロンの針もつくれます。できないものはこれまでになかった。できるまでやる」と平船淳社長は話す。

しかも、そのような微細加工製品の量産化も得意だという。100万個ほどなら朝飯前で、「つくろうと思えば、月に1億個も生産可能」とのことだ。そのうえ、不良品はほとんどゼロときている。

そのため、医療、通信、半導体関連の会社から次々を注文が舞い込む。しかし、その注文にはすべて応じることができず、2~3割ぐらいやっとだという。リーマンショック以降、中小企業は非常に厳しい状況に立たされているが、インパクトだけは別のようだ。

《山田清志》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 世界最大規模のクルマの先端技術展「オートモーティブワールド2020」が1月15日、東京ビッグサイトで開幕
  • オートモーティブワールド(参考画像)
  • ヤマハ発動機ブース(東京モーターサイクルショー2019)
  • 東京モーターショー2019(有明)
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真

ピックアップ

Response.TV