【まとめ】軽自動車の新しい1ページを刻む、共同開発車…日産デイズ/三菱ek

自動車 ニューモデル 新型車
日産 デイズ
日産 デイズ 全 30 枚 拡大写真
日産自動車と三菱自動車の合弁会社「NMKV」が手掛けた初の軽自動車が6月に誕生した。日産『デイズ(DAYZ)』と三菱 新型『eK』は市場でも人気の高いハイトワゴンタイプ。新開発の3気筒エンジンと副変速機付CVT、軽量ボディによってクラストップの低燃費29.2km/リットルを実現した。

ストップランプの不具合により、異例の発売前リコールという事態も発生したが、全車両を回収し措置を行っている。

売れ行きは両社共に順調。今後は新型車開発をNKMVに集約し、海外での軽自動車展開も視野に入れているとした。

◆NMKVという新しい試み

【三菱 eK 新型発売】NMKV企画・開発の軽自動車 第1弾

【インタビュー】三菱eK開発「負けられないライバルがいるから頑張れた」

【三菱 eK 新型発売】益子社長「新型軽開発はNMKVに一本化」…トッポと i は生産終了

◆クラストップの燃費

【日産 デイズ 発売】「細かな改善をいくつも加えた結果」29.2km/リットル


◆2社のデザイン案を昇華

【日産 デイズ 発売】三菱とアイディアを共有しながらデザイン

【日産 デイズ 発売】規制の厳しい軽デザインに一石を投じた

【三菱 eK 新型発売】軽の枠を超える上質感をデザインで表現

【千葉匠の独断デザイン】eK/デイズを生み出した異例のデザイン協業


◆初期受注は両社好調

【日産 デイズ 発売】1か月で受注3万台達成、同社軽では過去最速

三菱自動車、新型eKワゴン 好調で国内販売が15か月ぶりのプラス…6月実績


◆余すところなく技術を投入

【三菱 eK 新型発売】全高アップで運転しやすさを向上

ジヤトコ、三菱 eKワゴン 新型にCVTを供給


◆軽自動車の海外展開は…

【日産 デイズ 発売】志賀COO「軽が世界に飛び立つことがあっても良い」

【三菱 eK 新型発売】益子社長「軽を世界に展開していく道を探っていきたい」

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV