NTN、ロールス・ロイス社向けジェットエンジン用軸受を量産受注

航空 企業動向
ロールスロイスのトレントXWBエンジン
ロールスロイスのトレントXWBエンジン 全 2 枚 拡大写真
NTNは8月15日、ロールス・ロイス社が開発中の新型ジェットエンジン「Trent XWB」に搭載される軸受を量産受注したと発表した。

Trent XWBは、ロールス・ロイス社のジェットエンジン「Trentファミリー」の最新タイプで、仏エアバス社の中型旅客機「エアバスA350ファミリー」に向けて開発。エンジンの推力は、7万4000~9万7000ポンド(330~430kN)で、エアバスA350ファミリーに採用された唯一のエンジンとなる。エアバスA350ファミリーは、2013年6月に初飛行を実施、2014年から商用運航を開始する予定。

NTNは、桑名製作所(三重県桑名市)、および連結子会社であるNTN-SNRの仏アルゴネ工場に航空宇宙用軸受専用工場を有し、今回受注したロールス・ロイス社のTrent XWBエンジン用軸受も両工場で生産する。

桑名製作所は、日本の軸受メーカーとして初めてJIS Q 9100品質マネジメントシステムおよびNadcap特殊工程認証を取得し、ジェットエンジン、ヘリコプター、ロケット、人工衛星に使用される高機能・高品質の軸受を世界各地の航空宇宙関連企業に供給。
またNTN-SNRアルゴネ工場は、フランス軸受メーカーとして、長年にわたってジェットエンジンやヘリコプター、ロケットに使用される軸受を、多くの航空宇宙関連企業に供給している。

NTNグループは、今後も成長が期待される航空宇宙産業に注力し、顧客の信頼に応える品質管理システムの確立・維持と供給体制の強化を推進。2017年には世界の主要航空宇宙関連企業向けに年間75億円の販売を目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 低昇温・低トルク円すいころ軸受
  • 自動車用ULTAGE円すいころ軸受
  • NTN トランスミッション用超低フリクションシール付玉軸受
  • NTNとIPGの調印式(左からIGPのBudi Pranadi副社長、Kusharijono社長、NTNの井上博徳副社長)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG

ピックアップ

Response.TV