【CEATEC13】国内初展示のトヨタ i-ROAD 、公共交通との統合を視野に

自動車 ニューモデル モビリティ
CEATEC出展のトヨタ
CEATEC出展のトヨタ 全 4 枚 拡大写真
 2013年3月のジュネーブモーターショーで、トヨタ自動車は「i-ROAD」という1人乗りコミューターを発表した。次世代のパーソナルモビリティというコンセプトを持った、前2輪の3輪EVである。

 CEATECのトヨタブースでは、i-ROADの展示を行っている。国内での展示は初めてとなるものだそうだ。残念ながらデモ走行や試乗は行われないとのことだが、その特徴的な外観の実物を見たことがない人は多いだろう。

 なお、トヨタは「Ha:mo」という車と公共交通を統合したスマートシティの実証実験を行っている。ここではCOMSというEVや電動アシスト式自転車(PAS)といったコミューターが稼働しているが、年内にはCOMS、PASともに100台までに拡充され、2014年初頭にはi-ROADが2台投入される予定だという。

【CEATEC 2013 Vol.13】パーソナルモビリティ i-ROADが国内初展示…トヨタ

《中尾真二@RBB TODAY》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV