1-9月のベントレー世界販売、9%増…中国は17%減と減速傾向

自動車 ビジネス 海外マーケット
ベントレー・コンチネンタルGT V8
ベントレー・コンチネンタルGT V8 全 3 枚 拡大写真
英国の高級車メーカーのベントレーは10月10日、2013年1‐9月の世界新車販売の結果を公表した。総販売台数は6516台。前年同期比は9%増だった。

市場別実績では、最大市場の米国が、前年同期比16%増の2022台と好調。一方、第2位の中国は1264台にとどまり、前年同期比は17%減と、減速傾向が続く。ベントレーによると、モデルチェンジした主力車の『フライングスパー』が、2013年半ばからの販売となった影響を受けたという。

また、3位は地元英国で、前年同期比24%増の1055台と大きく増加。英国を含めた欧州全体でも、信用不安にもかかわらず、前年同期比14%増の1081台と伸びた。また、中東は53%増の394台。日本は9%増の142台を登録した。

ベントレーのケビン・ローズ営業&マーケティング担当取締役は、「W12エンジン搭載車の人気が持続。V8搭載車や『ミュルザンヌ』などの好調さも、競合他社に対して優位に立っている要因」と語っている。

《森脇稔》

ピックアップ