【SEMA13】ヒュンダイ ジェネシス クーペ、3台目のカスタマイズ、ライトチューン

自動車 ニューモデル モーターショー
ヒュンダイ ジェネシス クーペ アトランティスブルーJPエディションの予告イメージ
ヒュンダイ ジェネシス クーペ アトランティスブルーJPエディションの予告イメージ 全 1 枚 拡大写真
韓国ヒュンダイモーターの米国法人、ヒュンダイモーターアメリカは、11月に米国ラスベガスで開催されるSEMAショー13において、『ジェネシス クーペ』のカスタマイズカー、『アトランティスブルーJPエディション』を初公開する。

ジェネシス クーペは2008年3月、ニューヨークモーターショーで発表。ヒュンダイとしては初の駆動方式FRのスポーツクーペで、トップグレードには3.8リットルV型6気筒ガソリンエンジン(最大出力310ps、最大トルク36.8kgm)を搭載。足回りは、ブレンボ製ブレーキなどで強化した。

2012年1月のデトロイトモーターショー12では、デビュー以来、初の大幅改良を施した2013年モデルを発表。フロントマスクを一新すると同時に、3.8リットルV型6気筒ガソリンエンジンは、直噴化や連続可変バルブタイミング機構採用などの改良を受け、最大出力348ps/6400rpm、最大トルク40.8kgm/5300rpmを獲得する。

SEMAショー13では、この最新ジェネシス クーペをベースにした3台目のカスタマイズカー、アトランティスブルーJPエディションを出品。1台目が最大出力1000ps、2台目が最大出力400psときて、3台目はライトチューンのジェネシス クーペを提案する。

ヒュンダイは米国のチューナー、John Pangilinanと再び協力。ボディカラーは、車名の由来のアトランティスブルーで塗装。車高を引き下げ、拡幅したフェンダーにはフロント275/30ZR19、リア315/25ZR19タイヤを装着。迫力を増した。

エンジンは、コストパフォーマンスを追求したチューニングが特徴。AEM製コールドエアインテーク、ARKパフォーマンス製エグゾースト、ターボダウンパイプ、低抵抗オイルなどの採用にとどめている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジェネシス GV80 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ジェネシス G80 スクープ写真
  • ジェネシスG80
  • ジェネシスG80
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ