【リコール】フィットHV…DCTの変速プログラム不具合、発進不能のおそれ

自動車 ビジネス 国内マーケット
【リコール】フィットHV…DCTの変速プログラム不具合、発進不能のおそれ
【リコール】フィットHV…DCTの変速プログラム不具合、発進不能のおそれ 全 6 枚 拡大写真
ホンダは10月24日、同社の『フィット ハイブリッド』のリコールを国土交通省に届け出た。

7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)の搭載車両において、自動変速機制御コンピュータのプログラムが不適切なため、モータ走行モードでの停車時に変速機内のドグとスリーブが噛み合わない可能性がある。

その場合、トランスミッション警告灯が点滅、メータディスプレイに点検表示がされるとともに、1速が噛み合わないと発進できなくなるおそれがあるという。または、2速が噛み合わないと奇数段変速での走行となるおそれがある。対象の全車両で、自動変速機制御コンピュータを対策プログラムに書き換える。

113件の不具合が市場より報告されているが、事故は発生していないという。リコールの対象台数は4883台。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産セレナ(C26)
  • アウディ TT クーペ (2018年)
  • 改善箇所
  • スズキ ワゴンR(2014年)
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー ディスカバリー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ