ブラジル初のモノレールが公開…2014年一部開業予定

鉄道 行政
サンパウロで来年開業予定のモノレール。車両はボンバルディア製
サンパウロで来年開業予定のモノレール。車両はボンバルディア製 全 2 枚 拡大写真
ブラジルのサンパウロで開業に向け準備が進んでいる同国初のモノレールが10月30日、関係者らに公開された。サンパウロ州政府が発表した。同線はサンパウロメトロ(地下鉄)路線網の一環として、2014年に一部区間が開業する。

同モノレールは地下鉄2号線と接続する「15号線」として整備され、全長約25km・18駅。2014年1月に最初の区間2.9kmが開業する予定だ。カナダ・ボンバルディア製の跨座式モノレールシステム「INNOVIA」を採用し、車体幅3.15mの片側2ドア車7両編成が自動運転を行う。最小運転間隔は75秒で、全線開業時には54編成が投入され、上下線合わせて1時間あたり9万6000人を輸送できるという。


(動画はYoutubeのサンパウロ州政府チャンネル掲載)

サンパウロではこのほかに「17号線」として、マレーシア企業のスコミ(Scomi)などによるモノレールの建設が進んでおり、ほかにも建設計画がある。また、ブラジルでは北部の都市マナウスでもモノレールが建設されている。

《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • GWまでの運休が決まった東武の『SL大樹』。
  • 現在、大分側の折り返し駅となっている阿蘇駅。
  • 排気扇で車内の空気を排出している『成田エクスプレス』用のE259系。
  • 緊急事態宣言発出が近くなった頃の東京駅東海道新幹線南のりかえ口(2020年4月5日17時ごろ)
  • 緊急事態宣言発出翌朝の品川駅。マスク姿の人々が通常どおり勤務先へ。
  • 東北・北海道新幹線『はやぶさ』10号車の「グランクラス」。5月まで新規の発売が見合せとなる。
  • 山口線の『SL「やまぐち」号』と同様に運行開始が見通せなくなった『SL北びわこ号』。
  • 釧網本線北部の北浜付近を走るキハ54.2015年3月。

ピックアップ