仏アルストムのLRV「シタディス」1500編成目が登場

鉄道 企業動向
「鉄道技術展」のアルストムブースに展示されていた「Citadis」の模型(仏ボルドーで使用されているタイプがモデル)
「鉄道技術展」のアルストムブースに展示されていた「Citadis」の模型(仏ボルドーで使用されているタイプがモデル) 全 2 枚 拡大写真
フランス・アルストムは11月16日、同社の製造する軽量軌道車両(LRV)「Citadis(シタディス)」の1500編成目となる車両を納入した。同社が19日に発表した。

1500編成目となったのは、16日に開業したパリのLRT(軽量軌道交通)T7号線向けの車両。同線には全長32mの5車体連接車を19本納入している。

「Citadis」のブランドを冠した車両は2000年、フランスの都市モンペリエとオルレアンのLRT向けとして初登場。これまでに製造された1500編成は世界の33都市で使用されており、今後もフランスのアビニョンや中東ドバイなど10都市で導入が決まっている。

ラインナップは全長22mのコンパクト型から全長44mのハイキャパシティ型まで多様なバリエーションがあり、デザインも既に50種類以上が登場しているという。また、地表集電システム(APS)やバッテリー搭載型など、新たな電力供給システムに対応した車両も製造されている。

6月には、JR東日本グループの車両メーカー・総合車両製作所(J-TREC )とアルストムが、日本国内でのシタディス導入協力へ覚書を締結している。

《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 赤い1000形のイメージ。小田原方の一般色車6両と混結になるため、赤い1000形が先頭になるのは新宿行きの上りとなる。
  • 鹿児島本線と久大本線の被災状況。
  • 「ウィング・シート」サービスを行なっている京急の2ドア・クロスシート車2100形。
  • 斜面崩壊が発生した五十崎~喜多山間。
  • 瀬戸内海の「青」と海岸線から見える波の「白」をイメージしたツートンカラーとなる「etSETOra」の外観イメージ。エトセトラの「エト」を読み替えた「えっと」が広島弁で「たくさんの」「多くの」を意味することから、列車名は「『えっと』瀬戸の魅力を感じてほしい」という意味も込められているという。
  • 裏面が30分の1程度の地図となった「北の大地の入場券」。左は根室本線釧路駅、右は釧網本線釧路湿原駅のイメージ。
  • 高山本線飛騨一ノ宮~高山間の被災現場。
  • リニア静岡工区椹島ヤードにおける工事状況と準備再開内容。

ピックアップ