【東京モーターショー13】日産ゴーン社長「米国市場では潜在力を十分発揮していない」

自動車 ニューモデル モーターショー
日産自動車のカルロス・ゴーン社長
日産自動車のカルロス・ゴーン社長 全 5 枚 拡大写真
「米国市場でうちは潜在力を十分発揮していない」。日産自動車のカルロス・ゴーン社長は11月20日の記者会見で、米国での販売について聞かれ、こう答えた。

それも頷ける話で、なにしろ日系ライバルメーカーに市場占有率で大きく水をあけられているからだ。日産はトヨタと同じぐらいのラインナップをそろえていながら、市場占有率はトヨタの14%に対して7.5%。ホンダと比べても、日産のほうがラインナップが多いにもかかわらず、ホンダのそれは11%で日産よりも3.5ポイントも多い。

負けず嫌いのゴーン社長にとっては、それが我慢ならない様子で、「これから販売を拡大し、目標の10%を達成する」と強調。日産が持っている潜在力を発揮すれば、それが十分可能とのことだ。

「中国では、日系メーカーでリーダーになっており、メキシコでも市場占有率は25%で、2位に大差をつけている。ナンバーワンにするやり方はわかっているんです。あとは実行あるのみ」とゴーン社長は力強く語った。

《山田清志》

【画像】【東京モーターショー13】日産ゴーン社長「米国市場では潜在力を十分発揮していない」(5枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 車名は「GR S」に!? トヨタ GRヤリス がさらなるパワーアップ、迫力の外観を激写
  2. 新型ドラレコ、3カメラで前後左右さらに車内をフルハイビジョン録画 セルスターが発売
  3. 【ホンダ シビック 新型試乗】“G”世代にも響く?ドライバー重視の仕上がり…島崎七生人
  4. メルセデスベンツ、PHEV開発終了へ...2020年代終わりにはMTも廃止に
  5. シトロエン C4 新型、フランス本国では市場セグメントで販売首位
  6. スバル レヴォーグ に新型 WRX ゆずりの2.4Lボクサー搭載か!? 10月登場の噂
  7. これが日産の本気!コンパクトカーの概念を覆すノート オーラの真髄を女子編集者と中谷明彦がロングドライブで検証してみた!PR
  8. トヨタ クラウン 次期型、確定デザイン…FF? 4WD? SUV? 決着!!
  9. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
  10. ー代限りの名車、BMW『Z8』がクーペで蘇る
ランキングをもっと見る