仏サンゴバン、ドイツ樹脂部品メーカーLSポリマー・テクノロジーを買収

自動車 ビジネス 企業動向
サンゴバンのプレスリリース
サンゴバンのプレスリリース 全 1 枚 拡大写真
自動車ガラス大手の多国籍企業である仏サンゴバンは、12月4日付けでドイツの樹脂部品メーカーであるLSポリマー・テクノロジー(ドイツ語表記はLS Kunststofftechnologie)を買収したと発表した。買収価格は発表していない。

サンゴバンは、買収したLSポリマー・テクノロジーを米国オハイオ州に本社を置く樹脂部門子会社であるサンゴバン・パフォーマンス・プラスチックの元に組み入れる方針だ。

LSポリマー・テクノロジーは、独フランクフルトに本社があり、従業員数は約220人んも規模で、主な製品は自動車のステアリングやパワートレインの部品として使用されるシールリング、ボールジョイントライナー、ベアリングリテーナーだ。

《山内 博》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 自工会の西川会長(日産自動車共同CEO)
  • NTNブース
  • ステラのアナログプレーヤー(いたばし産業見本市)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真

ピックアップ