京王、久我山駅の接近メロディーに「おはなしゆびさん」「山のワルツ」…18日から

鉄道 エンタメ・イベント
京王電鉄井の頭線の電車。同線の久我山駅では12月18日から列車接近メロディに列車接近メロディーに童謡「おはなしゆびさん」と「山のワルツ」を導入する
京王電鉄井の頭線の電車。同線の久我山駅では12月18日から列車接近メロディに列車接近メロディーに童謡「おはなしゆびさん」と「山のワルツ」を導入する 全 1 枚 拡大写真
京王電鉄は12月18日から、井の頭線久我山駅(東京都杉並区)の列車接近メロディーに童謡「おはなしゆびさん」と「山のワルツ」を期間限定で導入する。両曲は杉並区久我山在住の作曲家で、京王の電車・バス100周年記念ポスターにも出演した湯山昭さんの代表的作品。

メロディーは18日午後2時から使用を開始する予定。1番線(下り)が「山のワルツ」、2番線(上り)が「おはなしゆびさん」で、列車接近時に約8秒間流れる。期間は2014年の12月上旬までを予定している。

京王電鉄では2011年11月に京王八王子駅で「ファンキーモンキーベイビーズ」(現在は解散)の曲を使った列車接近メロディーを導入して以降、聖蹟桜ヶ丘、調布、府中の各駅で「ご当地メロディー」を採用しており、久我山駅は5駅目にあたる。

《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 乗車券部分は、駅発売分が「武川から影森まで」、通信販売分が「影森から武川まで」で、地色も異なる。
  • 「台車モニタリング装置」の概要。
  • 2017年7月の九州北部豪雨で橋脚が倒壊した久大本線の花月川橋梁は、翌年には架け替えられて復旧したが、今回の豪雨で再び様子が気遣われる。
  • 肥薩おれんじ鉄道で最も被害が大きい海浦~佐敷間の佐敷トンネル付近。左手の山から崩れた土砂と木々がその下の国道を巻き込んで大量に線路に流れ込み、佐敷トンネルの出入口が架線とともに完全に埋没した。
  • 当日は『おかえり登山電車61号』の列車名で運行される70000形GSE。
  • 7月18日からの再開が決まった『SLもおか』。
  • バイオディーゼルが混合使用される『あそぼーい!』用のキハ183系1000番台。
  • 現在、豊肥本線の大分側の折返し駅となっている阿蘇駅。7月21日からは約4年3か月ぶりに熊本側から列車がやってくる。

ピックアップ